白猫サティの、YouTube動画を愉しみまくる!

どれを見ていいか困るほど、たくさん溢れているYouTube動画。そんな中からオススメを、過去動画からも掘り起こします。エンタメから教養系まで、面白い動画を楽しんでくださいね!

少年革命家YouTuberゆたぼんへの、大人YouTuberからの反論 Vol.2

10歳のYouTuberが不登校活動していることがニュースになり、大反響を呼んでいる。Vol.1では、ロボットは少年自身だとする意見、そして管理者のネットリテラシーを指摘する反論動画を紹介した。Vol.2では、「少年革命家が選んだのは茨の道」だと警告する、マスザワ内閣の動画を観ていきたい。

 

f:id:sironekosatie:20190512013046p:plain

▲「マスザワ内閣」2019/05/07公開動画より引用 

「自由」や「個性」への風当たり強い日本社会の現実

Vol.2で紹介するのは、マスザワ内閣チャンネル・まっすうの動画。まっすうは、マルチ商法や悪徳商法の闇暴きを中心に、「騙されない生き方」的な動画を発信しているYouTuberだ。脱サラ後に世界放浪を経験し、物事を数値や比較対象を用いて語るのが特徴。

そんなまっすうは、少年革命家の発信力や行動力はすごいと評価しながらも、困難な道を歩み始めた覚悟が必要だと話している。

 

アメリカやイギリスなどの海外では、学校に通わずに自宅学習というのも選択肢としてありです。

 そういった多様な学び方があるのは、個性を生かすものとして歓迎されるべきものだと考えます。

ですので、ゆたぼんさんのような選択肢は大いにありです。

ですが! ここは日本であって理想と現実は全く違うのです。

 

f:id:sironekosatie:20190512013025p:plain

▲「マスザワ内閣」2019/05/07公開動画より引用 

文句を言っても、社会の枠組みの中で収入を得ることになる

まっすうは学校に行かない不利益を、中卒・高卒・大卒の生涯賃金の違いを上げて示している。学歴が低いほど、低賃金・重労働の仕事枠が多くなるのだ。これは企業に勤めて普通の生活を営む事例でしかない。たとえみんなと同じ道は嫌だとレールからはずれても、収入がなくなれば普通に働くしかない。

結局、多くの人は文句を言いながらも社会の枠組みに戻ってくるのだ。勿論、比類なき才能や努力によってのし上がる人もいる。それこそほんの一握りだが。少年革命家が輝くのは、不登校の壁を乗り越えて何かを成し遂げ、凡人が羨むような人生の実績を作ったときだとまっすうは言っている。

 

▇ 今日の紹介動画  ▇

少年革命家ゆたぼんよ、茨の道を覚悟せよ(不登校YouTuber)

▲「マスザワ内閣」2019/05/07 公開動画より

勉強することは、人生における最大の保険

少年革命家は宿題が嫌で学校の勉強を拒絶したが、まっすうは勉強することが人生における最大の保険だと話している。勉強することで社会に騙されなくなり、社会的にも認められる。動画では、「勉強しておくと何がいいのか」を、具体例を挙げてスパッと語ってくれた。それが小気味良いほど明解で、当たり前のことを再認識できてしまうのだ。まっすうの言うことは、そこそこ失敗を重ねてきた大人だからこそ、ウンウン唸ってしまうのだと思う。

Vol.1、Vol.2を通して白猫サティが思ったのは、YouTuberたちが想像以上に地道で常識的な意識でいるということ。職業YouTuberには、世間の常識を覆したような生き方をしているイメージを抱きがちだ。でもYouTubeが完全な実力成果主義であり、職業的信用度もまだ低いからこそ、しっかり自分を守って売っていく必要があるのだろう。

 

少年革命家YouTuberゆたぼんへの、大人YouTuberからの反論 Vol.1▼

www.sironekosatie.com

(C) 2019 shironekosatie All Rights Reserved.