白猫サティの、YouTube動画を愉しみまくる!

過去動画からも掘り起こし、エンタメから教養まで、YouTube動画の世界観を話しまくります。

PDRさんが過去動画のシバター相手に、時空を越えた漫才!?

YouTubeのジャンルに「物申す系」というのがある。問題を起こしたYouTuberや社会の出来事に、反論したり皮肉を言いまくるYouTuberだ。中でも過激な炎上系YouTuberのシバターが、過去にPDRさんをネタにした動画がある。PDRさんが今、この過去動画を相手にツッコみを入れると……(ネタバレ注意)

 

▇ 今日の紹介動画  ▇

シバターの「PDRさんを救いたい」を初めて見るPDRさん

▲「PDRさん」2019/05/24公開動画より

 物申す系YouTuberの、PDRさんとシバターの特徴

今回紹介するのは、物申す系YouTuber PDRさんの動画。PDRさんは過激な発言や小ネタディスりで笑わせながらも、真っ当な批判や反論動画も多く発信している。カメラに向かって喋り続けるのが物申す系の特徴だが、PDRさんはカメラを切り替えて「もうひとりの自分」(「相棒」と呼んでいる)を登場させる。その「相棒」と対話するカタチをとっているので、シニカルな漫才っぽい雰囲気が楽しめるのだ。

同じ物申す系でも対照的なのが、シバターだ。シバターは見境のないディスりと炎上ネタ飛びつき派で、「悪口を言ってしまうのは病気」と言うゲスさを徹底。その反面、生真面目さや優しさ、気の小ささが画面に表れ、憎めないキャラクター「メスゴリラ」としてのポジションを確立している。そのシバターが2016年、PDRさんをネタにした動画を発信していた。

過去動画のシバター相手に、ツッコミ漫才するPDRさん

PDRさんは2016年の夏、動画を投稿できない1ヶ月間があった。シバターはその様子をネタにして「PDRさんを救いたい動画」を出したのだ。これはシバターの「○○を救いたい」シリーズで、問題を起こした芸能人や炎上したYouTuberを叱り飛ばし、最後はパチスロ日本代表チャンネルに誘うというもの。

3年経った今、PDRさんはこの動画を初めて観て、動画の中のシバターの問いかけに応えていく。その掛け合いがめちゃくちゃマッチして、リアルタイムで2人がコラボしているように見えるのだ! しかもシバターは2016年時点での話題フリ。ちょっとズレた内容に、PDRさんがツッコみ倒す。もはや、時空を越えた漫才だ。

 

2016年のシバター: 俺、お前の気持ちわかるぜ。最近、ラファエル、すしらーめん?

2019年のPDRさん: なんでラファエルからすしらーめんりく?

2016年のシバター: いろんなヤツ出てきてさ

2019年のPDRさん: まあ今でもそうだよね 

2016年のシバター: リスナーもさ、やっぱ新しい方行くじゃん。みんなさ、そら新しい方がいいよな。

シバターの猫:ニャー

 

 

今では案件仮面、闇属性、BAN(動画アカウント削除)問題などで話題に事欠かない仮面YouTuberラファエルが、3年前は新参者扱いされてるのは感慨深い。

 

f:id:sironekosatie:20190526150710p:plain

▲「PDRさん」2019/05/24公開動画より引用 シバターの過去動画を観てツッコむPDRさん 

 同志としての励まし、まるで動画レター

シバターは、「PDR、YouTubeイヤになっちゃったんだろ。わかる。俺もそう」と、ハンモックでの体勢を変えて自分のことも愚痴り始める。そして腐って動画を投稿しなくなったら何もなくなると力説

これはいつもの「○○さんを救いたい」と違い、同じ物申す系YouTuberを励ます応援動画だ。最後にパチスロチャンネルに誘い込む流れは同じだが、シバターの優しさが溢れている。そんな動画が3年経った今、初めてPDRさんに届いたのだ。PDRさんは大笑いだが、シバターの気持ちを受け止めたに違いない。

PDRさんからシバターへのラストメッセージは、

「シバター、おいシバター、YouTubeファンフェスで一緒に、ヒカキンから金の楯もらおうぜ!」

どうか、シバターに届け!

 

(C) 2019 shironekosatie All Rights Reserved.