白猫サティの、YouTube動画を愉しみまくる!

どれを見ていいか困るほど、たくさん溢れているYouTube動画。そんな中からオススメを、過去動画からも掘り起こします。エンタメから教養系まで、面白い動画を楽しんでくださいね!

動画で教養! 【日本史編】地味な鎌倉時代が熱くなる! オリラジ中田敦彦のYouTube大学

「OO時代はこんな感じ!」と、ズバッと熱く語るあっちゃんの日本史講義。今日紹介する動画は、鎌倉時代編。あっちゃん視点の面白さで、地味な鎌倉時代をセンセーショナルに感じる体験を、ぜひどうぞ。

 

▇今日の紹介動画-1 ▇

【日本史第3弾】鎌倉~室町時代前編!中田敦彦のエクストリーム授業!源頼朝VS義経・北条氏の執権政治・モンゴル帝国の襲来

中田敦彦YouTube大学 2019/05/24公開動画

 

心が躍る人物は必ずいる。すると歴史は面白くなる

鎌倉時代は日本で初めて武士が誕生した時代だ。にも関わらず、ファーストサムライ・源頼朝の影は薄い。死因さえ不明なほどの不人気ぶり。でも妻であるファーストレディ・北条政子は凄かった

序盤でそう語り始めるあっちゃんが、ここから鎌倉時代の魅力を一気に繰りだす。

まずは承久の乱。日本初の朝廷VS武士の争いだ。自ら賊退治した豪傑・後鳥羽上皇を討ち破ったのは、尼将軍のあだ名を持つアマゾネスばりの北条政子

あっちゃんはこの政子だからこそ、尼将軍の本領発揮・かの歴史的名演説が生まれたと熱く語る。

このようにキャラクターを掘り下げる見方によって、面白さが何倍にも膨らむ講義が展開するのだ

元寇の恐ろしさをダイナミックに捉えるなら、まず世界史を知れ!

鎌倉時代最大の危機といえば元寇。大モンゴル帝国による日本侵略 だ。

最強の敵だよ、あのモンゴル帝国だよ。元寇とかってね、さら~っとかわしてたじゃないですか。でも世界史を知ってから元寇を知ると、もう絶体絶命なの

チンギス・ハンって奴がとんでもないモンスターだから、世界史上でもキングオブモンスターって言ってもいいぐらい。

f:id:sironekosatie:20190617172745p:plain

中田敦彦YouTube大学 2019/05/25公開動画より引用 暴風雨で敵方の船が沈んだ様子を語る

暴風雨の神風、日本不敗説で決着 

「さあ、モンゴルが襲ってくるぞ!」と盛り上がったところで、鎌倉時代前半動画は終了する。動画投稿日に観ていれば、早く続きが知りたくて仕方ないといったところ。

でもTV番組のように1週間待たされることもなく、大体翌日には次の動画が上がる。このペースで楽しみながら、歴史の流れをどんどん吸収していけるのだ。

後半動画(紹介動画-2)では、いよいよ2度にわたるモンゴル襲来の様子が語られる。1度目は3万人、2度目は14万人規模の兵上陸だ。恐ろしさも被害も尋常じゃない。

奇跡の暴風雨・神風のおかげで勝利するくだりは、歴史的解釈が進んだ今とはちょっとニュアンスが違うかも知れない。だが時代を学ぶきっかけとしては最高の講義である。

 

▇今日の紹介動画-2 ▇

【日本史第4弾】鎌倉時代の終焉! 日本VSモンゴル帝国決着・伝統文化の発展・NEW仏教SIX

中田敦彦YouTube大学 2019/05/25公開動画

目からウロコ! 庶民ターゲットの【NEW仏教SIX】一大ブーム!

鎌倉時代のもう一つの着目点は、カルチャー・仏教だと言うあっちゃん。奈良時代、仏教は政治と密接に繋がっていた。平安時代に桓武天皇が仏教を政治から切り離し、山にこもって厳しい修行をする密教が主流となる。

ただ、修行に時間を費やせるのは金持ちだけだ。庶民は生活に追われ、そんな余裕はどこにもない。庶民は仏に救われないと悲観ムードが蔓延する中、そこに切り込んだのが法然・親鸞・一遍・日蓮・栄西・道元の【NEW仏教SIX】(あっちゃん命名)である。

教科書読むときとか、法然が浄土宗、親鸞が浄土真宗、一遍が・・・、みたいな感じで誰々が何宗っていうのを機械的に覚えさせられたことないですか? 

これが日本史のいっちばん嫌なところでそんなの覚えなくていいっす! (中略)

逆に、その6人って何を考えてたのか、どうしてそんな行動してたのっていう、キャラクターを見つめた方が絶対面白い。

お金も時間もないアナタ、ただ唱えるだけで救われます

「修行はしなくていい」という仏教6人僧の特徴を、あっちゃんはシンプルに分類する。

法然・親鸞・一遍・日蓮は、念仏を唱えるだけで救われるという“唱える派”

そして栄西・道元は、座るだけでOKの“座禅派”だ。

6人僧の教えは、民衆の心を鷲づかみにしていった。あっちゃんは現代の「ただ聞き流すだけの英会話」みたく心揺さぶられると話しているが、まさにその通り。ハードルの低さが魅力なのは今も昔も変わらない。

講義動画でイメージが膨らむと、面白さに拍車がかかる。映像を想像してしまうので、時代のムードがしっかり頭に定着する感じだ。

最終回がこないドラマのように歴史は続く

 元寇の大混乱を乗り越えた後、幕府は鎌倉から室町に移行する。ここで何が起こったのか。後醍醐天皇、楠木正成、足利尊氏。鎌倉時代の終焉を彩るこの人物たちを、ドラマチックにセンセーショナルに感じたいなら、ぜひ動画の続きをご覧あれ。

【日本史第5弾】鎌倉〜室町時代完結編!足利尊氏vs後醍醐天皇・芸術芸能の発展・母の愛が日本を揺るがす大事件「応仁の乱」・そしてついに戦国時代へ - YouTube

 

(C) 2019 shironekosatie All Rights Reserved.